現代から見た金魚問答の事実と疑問

金魚問答



(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊)

明治36年5月出版の金魚問答は大阪らんちゅうを知るには貴重な文献になります

菊寿堂義信翁(きくじゅどうよしのぶおきな)の天保年間から明治初期にかけて、大阪らんちゅう全盛期から明治中期になり大阪らんちゅうの一大ブームが去ってもう一度大阪らんちゅうのブームを起こそうとした大阪船場の金魚問屋の大鮫梅太郎氏(おおざめうめたろう)が書き、事業家でもある三好音二郎氏(みよしおとじろう)によってまとめられたものが金魚問答になります

金魚問屋と事業家の共著になりますので、おそらく商売のためにかかれているために絵もデフォルメされています

表紙に大阪らんちゅうの本国錦ほんごくにしき(画像の下)と楊貴妃ようきひ(画像の上)が生き生きと描かれています

大阪らんちゅうのブームの再来を狙ったとかんがえられる金魚問答はどのようなことがかかれているのでしょうか

今から120年前に書かれた金魚の参考書について研究したことをお伝えさせていただきます

目次(もくじ)

大阪らんちゅうの研究その1【現代から見た金魚問答の事実と疑問】

金魚問答の原文

シシガシラにして丸金丸尾という金魚 胴が2寸あるとすれば、胴幅を1寸3分以上のものとする合格とする


顔は角ばったものをシシガシラと呼び、昔は獅子舞の顔に似ているからシシガシラと呼んでいた

昔は肉瘤をシシガシラと呼んだものではなく、顔が角頭(かくとう)のものをことをいっていました

大阪らんちゅうなどの原始らんちゅうは肉瘤を鑑賞する金魚ではなかっため、肉瘤が発達が未熟でもあります

又、大阪らんちゅうの形については丸金、丸尾で胴が太いものを合格としていました

自然界では自然淘汰(しぜんとうた)で自然界と適合するものが残りますが、金魚の世界では人の好みで淘汰されていきます

そして、理想とする金魚を人間の手で作り上げています

例えば、出雲ナンキンは顔が細く、体が細長いものを残していき現在の形になっています

「大阪らんちゅうの理想の体のバランスについて」

大阪らんちゅうは長さと幅の関係はおよそ100対65以上のもので、体格は鶏卵より太くないといけないとしていました

「大阪らんちゅうの丸金」

筒が丸くて、上皿(うわざら)に鱗がたくさんついているものを丸金とよんでいました

(大阪らんちゅうは丸金を重視したために、早い段階で大阪らんちゅうはサシを嫌った)

「大阪らんちゅうの丸尾」

丸尾とは尾びれが丸くて大きいもので、大阪らんちゅうの特徴の一つでもあります

大阪らんちゅうの丸尾

大阪らんちゅうの選別方法

「尾が張りすぎているものは取り除く」・・・その1

尾が張り過ぎているものは泳げなくなったり転覆したりするので、子供の時に親のような尾をもっていると泳ぐことができなくて丸々太った金魚になってしまいます

又、泳げないと転覆病になったりすることもあります

大阪らんちゅうは成長すると尾が開くので子供の時に親の尾、つまり完成形の尾はさらに開くので親になると形が崩れてしまう

大阪らんちゅうの特徴である尾の選別は特に重要です

大阪らんちゅうの尾尾が張りすぎたるが故取り除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊)・・・その1

「尾の片方がひく、尾が付け違い、かけ違いなどで段差ができてしまうものは取り除く」・・・その2

左右が非対称になると、泳げにくくなります。また、大阪らんちゅうの美しさの特徴でもある平付けの尾でなくなってしまうために子供の時の選別で取り除きます

大阪らんちゅうの尾の特徴

尾の片方引附たるが故取除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊)

「尾先に凹(へこみ)があるものは取り除く」・・・その3

尾肩(おがた)がないもです。又、尾芯(尾のちゅうしん部分)が薄い場合は成長とともに尾の中心部がくぼんだりする場合があります。(りょうまくれ)。大阪らんちゅうの平付けの尾の特徴のために昔は選別対象になります

大阪らんちゅうの尾の特徴

尾の先が凹みがある故取除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊)

「前がかりの尾は取り除く」・・・その4

愛好家の中では前がかりという表現になります。尾を上から見た時に尾の広がりが少なく三日月の形のようで寂しいものは取り除くとしています

大阪らんちゅうの尾の特徴

尾先が曲がりたるが故取除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊)

「尾が垂れているものは取り除く」・・・その5

ほとんどの金魚は尾は垂れているものになりますが、大阪らんちゅうの美しい特徴である平付け尾でないために取り除くとしています

大阪らんちゅうの尾

尾下が垂れたるが故取除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊)

「尾芯があがっているものは取り除く」・・・その7

尾芯がたっていると泳ぎに関係してきます

4つ尾の場合は泳ぎやすくなるが、尾芯が高い三尾さくら尾の泳ぎの調子悪くなり泳ぎも重くなります

いわゆる踊り子(おどりこ)といって、尾を振ってもあまり泳げない

らんちゅうなども4つ尾が泳ぎ調子がいいです

3つ尾さくら尾は尾芯が低ければ水の抵抗は低くなる

つまり、大阪らんちゅうに求められる尾は平付けの丸尾または4つ尾さくら尾です

主体となるなる3つ尾は平付けを残すことが求められます

大阪らんちゅうの特徴

尾上へ釣上けたるが故取除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊)

「背鰭の痕跡のあるものは取り除く」・・・その8

らんちゅう、出雲なんきん、大阪らんちゅうなどの背びれのない金魚は人間の選別淘汰によって作り出されたものになりますので、金魚の先祖である鮒にもどる先祖帰りしたものが生まれます。これも大阪らんちゅうの形とはならないために取り除きます

大阪らんちゅうの特徴

背に鰭があるが故取除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊)

「帆柱が残っているために取り除く」・・・その9

背びれの先頭になあるものが帆柱(ほばしら)になります。帆柱も背びれのなごりで先祖帰りしたものが生まれてきたものです

大阪らんちゅうの特徴

背にケンがあるが故取除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊)

「背中にコブがあるものは取り除く」・・・その10

金魚の先祖帰りによって、大阪らんちゅうにはない背骨の出っ張りが出る個体もあります。昔はとんでもなく大阪らんちゅうを太らせていたために、背中に骨の出っ張りがあると肉が骨にまきついてコブのようになります。大阪らんちゅうは転覆してもおかしくないぐらい太らせていたので、この様な個体は取り除いていました

大阪らんちゅうの特徴

背に瘤があるゆえ故取除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊)

「背に突があるものは取り除く」・・・その11

背中が特に盛り上がったもを腰高(こしだか)といい、腰ががけのように落ち込んだものを雁首(がんくび)という。筒部分に盛り上がって、大きいものを大どまり(おおどまり)、小さいものを小どまり(こどまり)といいうます

凹凸は背鰭の関係から来ているものが多く、それ以外はフナ尾の関係からきています

金魚問答(きんぎょもんどう)には背のキズと書いているますが、実際、絵は腰を意味しています

餌を相当あげるために、腰のキズがめだつようになってしまいます

大阪らんちゅうの特徴

背に凸があるが故取除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊)

「背に凹みがあるものは取り除く」・・・その12

現代ではしばらく様子を見て、肉がその後ついて軽い傷の場合は飼育によって治ってしまうことがあります。大阪らんちゅうはふとみを要求するため、昔から餌が多くなりがちで、くし型の背が腹の重みに耐え兼ねず凹みがめだってしまうので取り除いていました

大阪らんちゅうの特徴

背に凹みがあるが故取除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊)

「上からのみて梶ビレがみえてしまうものものは取り除く」・・・その13

遺伝性があるが、一代の掛け合わせではのこらないキズであるので種としては問題ない場合が多いですが、当時の厳しい基準では取り除いていた

大阪らんちゅうの特徴

背の下鰭尾の上へ乗せ上げたるが故取除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊)

「尾筒が長いものは取り除く」・・・その14

退化の第一兆候として尾筒が長く伸びてしまう筒のび又は間のびといいます。当時の大阪らんちゅうの求めている特徴が鶏卵のような胴に平付けの尾が付いているものでしたが、胴と尾の尾筒についても短いものが好まれていたために取り除かれていました

大阪らんちゅうの特徴

尾筒の長き故取除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊)

「鰓が短くてまくれているものは取り除く」・・・その15

遺伝的な要素がある場合と飼育水が汚れている水質による影響、又、前腹タイプで餌を短い期間に沢山の餌を与えた場合、鰓に負荷がかかり鰓が捲れる場合があります。現代ではそんなにできるキズではないです。鰓まくれのひどいものは選別のたいしょうにもなります

大阪らんちゅうの特徴

鰓の皮反りたるが故取除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊

「鰓(えら)が短いものは取り除く」・・・その16

鰓(えら)のしまりが悪いというのは、鰓が短くて中身が見えてしまうような場合や逆に長すぎて収まりが悪いような場合のことになります。このキズも先天的な場合と後天的なものがあります。種として考えた問題なしです

大阪らんちゅうの特徴

鰓の締まり悪しき故取除く(金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊

「頭が長い(縦)ものは取り除く」・・・その17

大阪ら大阪らんちゅうの優品の場合は顔が縦に短く目幅つまり横方向に広い幅の広い小顔です。頭が長いというのは骨格が細くなる場合に現れる兆候で目幅が狭くなる兆候でもあります

頭が長きものは取り除く

「胴がながいものを取り除く」・・・その18

大阪らんちゅうの特徴である鶏卵のような体形を好むために、胴が長いものは選別の対象になります。現代では丸手。中寸、長手をのこすため胴が長いものも残しています

小顔にすると胴が長く見えがちになるため、胴が長いものを取り除くという意味は現代でいう体の長いものを取り除く

つまり、長手を取り除くという使い方をこの金魚問答ではあらわしています

胴長きものは取り除く

「目に異常があるもの、その他キズがあるものを取り除く」・・・その19

金魚問答にはこのようにキズについては厳しい内容になっていますが、今後の成長で消えるキズももちろんあります。

又、遺伝性が少ないキズもありますので、大阪らんちゅうの選別はいい魚をつくる技術のひとつと考えてもいいと思います

わからない場合などは経験者や名人に話を聞くことでよりいい魚を作ることができます

こちらのサイトでも大阪らんちゅうの飼育方法などを紹介させていただいておりますが、「このキズはどうなのか」とかあればお問合わせいただきましたらわかる範囲でお答えさせていただきます

お問合わせはこちら

現代から見た金魚問答の事実と疑問【らんちゅうの種類】

大阪らんちゅうを南京といい、朝鮮といったりとした

らんちゅう

図1(金魚問答)

 

この図の魚は大阪地方のらんちゅうで頭は角ばったシシガシラで胴が短くて、尾が大きく開いた魚です

らんちゅう

図2(金魚問答)

 

東京のマルコ、別名らんちゅうといいます

顔幅が広いシシガシラで大阪地方のらんちゅうより胴が長くて、尾筒が太く、尾が短くその容姿はまるで小判のような姿です

大阪らんちゅう

図3(金魚問答)

 

図1の大阪らんちゅうは大阪地方において数年前は

図3のような真四角の顔のシシガシラで胴1寸に対して頭よりおつづの付け根つまり尾の生え際までが1寸3分の恰好をして尾幅が広い魚が流行していましたが、魚は虚弱な体質のため転覆病になりやすい癖がありだんだん改良して図1のような姿のようになりました

(管理人の分析によると恐らく口の細いものを選び、丸頭に改善していった結果だと思います。又、可能性として出雲ナンキンを改良につかった説もかんがえられます)

広島地方のらんちゅうは東京のマルコに似ており、ほぼ同じですが頭の頭頂部がもりあがり顔幅が広きシシガシラで尾筒がやや長い魚です

大阪らんちゅう

図4(金魚問答)

 

(現代でいうときんたいぷのさかなです

四国地方のらんちゅう

鰓の部分が張った魚でシシガシラであって胴体は大阪らんちゅうに似ている魚です

大阪らんちゅう

図5(金魚問答)

 

 

まとめ

大阪らんちゅうの祖先である原始らんちゅうからさまざまならんちゅうが発生し、さまざまな改良が加えられて現代の出雲ナンキンらんちゅう復元された大阪らんちゅうが存在する

大阪らんちゅうは大阪で流行した好まれた魚で古くは朝鮮又はらんちゅうと言われて最高級魚といわれた

らんちゅう

全国的に飼われていたらんちゅうが出雲地方でのこり、洗練され出雲ナンキンとなった

別名ナンキンといわれて金魚問答には全国的にポピュラーだったらんちゅうの絵がのこされている

大阪らんちゅう

この2種類は近縁種だと管理人は分析しています

出雲ナンキンの愛好家の中には出雲なんきんから大阪らんちゅうに近い魚がでるとおしゃられる方もいらしゃいます

ただ、出雲ナンキンからハネの対象になりますので大阪らんちゅうの愛好家からみれば実にもったいない話です

参考文献

金魚問答  三好音次郎 著  明治36年5月発刊

 

 

(※このホームページに書かれている写真や文章は金魚大完高級金魚の飼い方楽しみ方の管理人の許可なく無断での転用・転載・複写その他使用について一切を禁じます)

金魚問答

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です