宇野系らんちゅうとは

宇野系らんちゅう4

宇野系とは

宇野系らんちゅうとは陶芸家宇野仁松が東京のらんちゅうを導入して、独自の交配したものです

特徴

宇野系らんちゅう2

頭の肉瘤の発達が良く、御神楽の獅子のような造形美の追及、肉瘤の遺伝や、面かぶりや腰白更紗、裏模様(透かし模様、本更紗)などの模様の追及、鱗並び、所謂苔並みなどそれまでの相撲力士のような力強いらんちゅうとは違った味魚を目指しました。

現在の協会は大きさ、尾型、太さを重視するのとは対称的です。

宇野系らんちゅう3

 

関連記事

  1. 協会系らんちゅうの横から

    協会系らんちゅう

  2. 尾島系統のらんちゅう

    らんちゅうの3系統とは(尾島系統、宇野系、協会系)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。