金魚の冬の飼育と春先の飼い方

金魚の冬の飼育と春先の飼い方

金魚の飼育で冬から春にかけて、金魚が死んでしまったという方も多いのでないでしょうか

この時期は少しデリケートに金魚に対して接してあげる必要があります

冬眠させた金魚と冬眠させていない金魚の冬から春先の飼育方法についてまとめてみました

金魚の冬の飼育と春先の飼い方

金魚の冬の飼育と春先の飼い方

「金魚の冬の飼育」

外飼育の場合の産卵させる場合は前年度の秋ぐらいから雄雌を分けて飼育することが望ましい

室内の場合も同様ですが、最低水温が何度によるかによって越冬させるか、そのまま飼育を続行させるかの選択肢があります

10℃以下または10℃前後で餌を与えることは基本的には望ましくない

いくら消化の良い餌を与えても水温の低下にともなう消化機能の低下、新陳代謝の低下、低水温のため雑菌などが増えやすくなります

それで金魚も下痢ぎみになります

低水温の場合は水の腐敗は時間がかかりますが、バクテリアなども働きはわるくなります

低水温(10℃前後)で餌を与えるメリットは全くありません

室内で産卵させ飼育させたい場合は1、2か月冬眠させ、割り水などで数回に分けて水替えをして28℃ぐらいをヒーターで維持する

もしくは12月中には15℃で前後で冬眠させずに飼育すれば産卵します

近年においては産卵を早くして、子供の金魚を早く大きくさせたい場合は冬眠させずに15℃前後で飼育されている愛好家の方も増えてきています

又、金魚がフナから遠い魚は冬眠によって体調を崩す場合があります(形が崩れるなど)

その証拠に春先にエルモラス病などにかかって、病気になる魚もいます

どちらの方法でも、健康的に飼えそうな方法を選んでほしいです

「金魚の春先の飼い方

 

金魚床直し

冬眠させた金魚は床直しをします

床直しとは金魚の冬眠で汚れた飼育環境を綺麗にしてあげることです

金魚が活動する前に床直しをしますが、一気にやってしまうとトラブルが発生してしまいますので床直しをするときは入れ物の清掃、水替えなどもすこしづつしてあげることで金魚の負担を極力少なくしてあげるとよいでしょう

冬眠中の飼育環境は苔(こけ)やゴミが汚れて、雑菌などが沸いている可能性があります

床直しをしないでそのまま金魚を飼い続けると、金魚が活動期にそのような雑菌を食べてしまい病気になる可能性もあります

なお、15℃前後で水替えをして餌を与えていた冬眠させない金魚は床直しをする必要はありません

冬眠を行った飼育環境では春先の水替えを一気にすることは絶対止めてください

金魚がPHショックで死んでしまうこともあります

水替えは1週間置き、2週間置きに3分の1ぐらい交換してこなれた水にしてください

「注意点:冬で青水の場合

青水の場合の水替えは初めは3分の1更水(さらみず)そのあと2分の1という感じで、出来るだけPHショックを与えないようにすこしづつの交換が望ましいです

まとめ

「金魚の春先の飼い方」

特に春先に金魚の体調を崩す場合が多いです

冬眠させた場合は3月ぐらいにそろそろ床直しをはじめて、活動期には何度か水替えをしている状態にしておきます

青水の時は特に水替えは少しづつの交換が望ましいです

室外飼育の金魚の越冬と金魚は冬眠する?

2019.01.15

(※このホームページに書かれている写真や文章は金魚大完高級金魚の飼い方楽しみ方の管理人の許可なく無断での転用・転載・複写その他使用について一切を禁じます)

金魚の冬の飼育と春先の飼い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です