金魚の肉りゅう・増体・色揚げ・健康維持の万能配合餌のらんちゅうベビーゴールドsとは

金魚の肉りゅう・増体・色揚げ・健康維持の万能配合餌のらんちゅうベビーゴールドsとは



現在、管理人が非常に愛用している新しくなったらんちゅうベビーゴールドsとはどのような餌になっているのかをまとめてみました

金魚の肉りゅう・増体・色揚げ・健康維持の万能配合餌のらんちゅうベビーゴールドsとは

金魚の肉りゅう・増体・色揚げ・健康維持の万能配合餌のらんちゅうベビーゴールドsとは

「らんちゅうベビーゴールドの種類と価格」

  • らんちゅうベビーゴールドss 80グラム(226円~)
  • らんちゅうベビーゴールドs  300グラム(560円~)

(2019年2月28日現在)

らんちゅうベビーゴールドは1グラム1.86円~になります(少し高価な餌になります)

  • らんちゅうベビーゴールドss 粒径(1.7mm~2.0mm×厚さ1.0mm)
  • らんちゅうベビーゴールドs  粒径(2.0mm~2.3mm×長さ2.3mm~2.7mm)

ssサイズは金魚の大きさ4センチ以上で、sサイズは金魚の大きさ5センチ以上を奨励しています

金魚の種類にもよりますが、sサイズのものでも少し潰してあげると特に問題なので大きさはどちらでも大丈夫なようです

餌の形はSSサイズはディスクタイプになっていて円盤型になっていますが、Sサイズは俵型になっています

金魚の肉りゅう・増体・色揚げ・健康維持の万能配合餌のらんちゅうベビーゴールドsとは

(Sサイズ)

「らんちゅうベビーゴールドの栄養分」

  • フィッシュミール
  • 小麦粉
  • 大豆ミール
  • オキアミミール
  • 魚油
  • ビール酵母
  • スピルリナ
  • 海藻粉末
  • 米ぬか
  • アミノ酸(メチオニン)
  • カロチノイド
  • ガーリック
  • 納豆菌
  • 乳酸菌
  • 酵母菌発酵抽出物
  • ビタミン類(塩化コリン,E,C,イノシトール,B5,B2,A,B1,B6,B3,葉酸,D3,ビオチン,B12)
  • ミネラル類(P,食塩,Fe,Mg,Zn,Mn,Cu,I)

匂いはオキアミミールと思いますが、オキアミの匂いがあります

スピルリナやカロチノイド、オキアミミールなどが色揚げ効果を狙っていると思われます

納豆菌、乳酸菌、酵母菌発酵抽出物などは胃のない金魚の消化を助け、健康的に金魚を飼育することができます

「らんちゅうベビーゴールドの性質」

らんちゅうベビーゴールドなどの沈下性のエサは浮上性のエサに比べて、餌の密度が高くなり同じ量のエサを与えたとしても沈下性のエサの場合は結果的に餌の量が多くなります

また、複数で飼育している場合などは沢山餌を食べようとして、競争で少数の金魚で食べる餌の量よりたくさん食べる傾向があります

出雲なんきんなどの場合は餌を基本的にはあまり食べないので、複数で飼育することで食べる訓練をして大きく育てていきます

らんちゅうベビーゴールドは金魚を大きく育てるには理想的な餌になります

新しく配合された、納豆菌、乳酸菌、酵母菌などは金魚の腸内細菌を活性化させるにはいい効果をだすように感じます

管理人も新発売した菌を配合した餌を与え始めてから金魚の調子は非常によく、あまり成長しない品種でも大きく育つことを実感しています

なかなか、金魚が大きくならないと悩んでいる方は一度試された方がいいと考えます

らんちゅうベビーゴールドsの管理人の感想

らんちゅうベビーゴールドsの管理人の感想

らんちゅうベビーゴールドがリニューアルして気になったことが、金魚の食いが非常にいいことです

管理人が実感した感想です

管理人は特に成長期の当歳から2才の成長期(5月~10月)にらんちゅうベビーゴールドを与えています

この餌を成長期に与えることで成長する金魚は大きく育つことができます

大きく育てるには1回の餌の量を少なくして、回数を増やして成長を促進させる必要があります

管理人の場合は1日2回与えています(金魚の自動餌やり機を利用)

このエサは増体用は非常に栄養価が高く、タンパク質や脂肪の割合が高く金魚にとっては負担になる場合もあります

水温が下がってくる10月は外での飼育は13℃~20℃ぐらいに下がってきます。20℃以下では金魚の消化が悪くなるので高タンパク、高脂肪の餌は金魚の負担になるため栄養価が低い餌のほうが望ましいです

(栄養価が高くても消化にいい餌もありますので、負担をかけにくい餌もありますので御自身で研究してみるのも面白いです)

ランチュウベビーゴールドの効果は

らんちゅうベビーゴールドとアユの餌

すべて明け3歳の大阪らんちゅうで兄弟になります

すべての個体にアユの餌と咲きひかりで飼育していましたが、画面左上と画面下の個体は2才の8月から10月までの2か月間ランチュウベビーゴールドで飼育しました

餌の量は朝と夜の2回を同じように与えてみましたが、ランチュウベビーゴールドを2か月与えた個体は太さを大きさが歴然と変わりました

いい餌を与えることで、これだけ変化することに驚かされました

まとめ

いかがでしたでしょうか

金魚の成長期に与える餌としては、管理人が一番おすすめしたい餌です

価格的には少し割高ではありますが、いい金魚を作りたいと思われ方にはいいと思います

 

(※このホームページに書かれている写真や文章は金魚大完高級金魚の飼い方楽しみ方の管理人の許可なく無断での転用・転載・複写その他使用について一切を禁じます)

おすすめの沈下性の金魚の餌

おすすめの浮上性の金魚の餌

金魚の肉りゅう・増体・色揚げ・健康維持の万能配合餌のらんちゅうベビーゴールドsとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です