らんちゅうの3系統とは(尾島系統、宇野系、協会系)

尾島系統のらんちゅう

金魚の系統と言われると非常に分かりにくいですよね

アイドルグループでもジャニーズ系とかエグザイル系なんてひとつの系統です

金魚の王様のらんちゅうも人気の系統があります

らんちゅうの歴史とともに系統があるといえます

どんな系統が現在、楽しめるのか見てみましょう

らんちゅうはどんな魚

らんちゅうの魅力は上から見た時の太さと頭部の発達した肉瘤です。

そして背びれがなく、尾ひれの形と尾ひれを支える尾筒も魅力の一つです

らんちゅうの3系統は

金魚の世界はこれが正解という訳ではありませんので、考え方にもたくさんあることを御理解ください

その中で筆者が経験上こうではないかという内容にさせていただきますのでご了承下さい

尾島系統らんちゅう

尾島系統のらんちゅう

幻のらんちゅうとも言われていて、現在ではほとんど見ることができません

宇野系らんちゅう

京都の陶芸家でもあった宇野仁松氏が作り上げたらんちゅうになります

非常に人気が飼育もさかんです

 

宇野系らんちゅう

協会系らんちゅう

日本らんちゅう協会の審査基準をもとにしたらんちゅうです

日本らんちゅう協会は昭和31年に結成されているが、起源は江戸時代末期に石川亀吉氏によって鑑賞会が行われていた記録があります

 

 

 

関連記事

  1. 金魚の歴史

    らんちゅうの種類と歴史

  2. 宇野系らんちゅう4

    宇野系らんちゅうとは

  3. 協会系らんちゅうの横から

    協会系らんちゅう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。