金魚飼育にエアレーションは必要?エアレーションの意外な効果とは

金魚エアレーション



昭和初期から以前はエアーポンプというものがなく、毎日夕方に水替えをして金魚を飼育していました

エアーレーションを行うことで金魚の飼育は非常に用意になりました

エアーレーションの効果と必要性についてまとめてみました

水を綺麗にする効果

エアーレションは一般的は酸素を生き物に与えるためと考えられていますが、もちろんエアレーションは水中に空気をいれるために使われています

エアレーションは水を綺麗にする効果もあります

水の中には好気性のバクテリア嫌気性のバクテリアがいます

水を綺麗にする働きを発揮するのは好気性バクテリアになります

水槽をセットしてから1カ月ぐらいで水を綺麗にするバクテリアが発生します

(バクテリアは濾過の中や砂利の中に発生します)

また、金魚飼育の商品の中にバクテリアを添加するものもあります

やはり、水を綺麗にして臭いを抑えるにはバクテリアを有効に使いたいものです

好気性バクテリアを活発にさせるエアレーション

バクテリアが酸素を使い始めると最悪の場合酸欠になる可能性があります

バクテリアを使う場合はエアレーションの量を計算する

エアレーションは強めにしていたほうがいいと思います

また、青水飼育の場合は昼間は光合成で酸素を出しますが、夜は酸素をに二酸化炭素を排出してしまいますので注意が必要になります

夏は特に水中の空気量が減ります

28℃以上になると溶存酸素量が減ってきます

水温を下げる努力が必要になります

陽に当てないようにしてエアレーションを増やしたほうがいいです

溶存酸素濃度が増えると金魚が大きくなる

酸素

溶存酸素濃度が増えると金魚にとっては住みやすい環境になります

そういった環境で金魚を飼育すると大きく金魚を飼育することができます

まとめ

いかがでしたでしょうか

エアレーションは金魚の飼育環境を守るのは非常に重要です

(※このホームページに書かれている写真や文章は金魚大完高級金魚の飼い方楽しみ方の管理人の許可なく無断での転用・転載・複写その他使用について一切を禁じます)

金魚エアレーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です