日本オランダとは

日本オランダ当才

日本オランダとは特に西日本地方の愛好家に飼育されて、長手タイプの金魚になります

丸手タイプでかわいいオランダシシガシラは戦後、大和郡山の金魚業者によって輸入された中国金魚です。

のちに弥富地方でも飼育されるようになり爆発的に日本全国に広まっていた品種で日本オランダとは違った種類になります

日本オランダは江戸時代では鎖国政策により唯一の外国との窓口になっていた長崎より伝来されたものだと考えられています。

日本オランダの生因はリュウキンに発生するリュウキンシシガシラの発達したものです

伝来したオランダシシガシラは特に四国の高松大和郡山で飼育されています

明治時代に四国高松の旧士族の愛玩物(あいがんぶつ)として飼育されていたお国自慢となった金魚です。

関西地方においては郡山藩主が家来たちにお国自慢の金魚の作出を試み、関西を代表とする金魚であった。

なお、名前の「オランダ」は明治時代には当時珍しいものを外国物をオランダ物として接頭語に「オランダ」とつけたことから、オランダシシガシラとの名称が付いたと考えられています

日本オランダの特徴

戦前の2大産地の日本オランダの特徴は

大和郡山の日本オランダ

  • 大阪、和歌山、神戸、大和郡山地方で飼育されていた品種になります
  • 寸胴でスマート
  • 尾が長大
  • 鱗が細かい
  • 房尾が最高のもの(ひらひらしたもの)
  • 体長以上に尾が長いものが付いていて、天のはごろものような尾で透き通るようなもの
  • スタンダードタイプはベレー帽をかぶったような兜巾型(ときんがた)
  • 現在の郡山オランダはたつがしらに改良し、兜巾型はあまりでない
  • 日本オランダの尾芯(おしん)が伸びるため、平付けでしたら尾が倒れてしまうので子供の時は尾身が強いほどいい
  • 鹿の子と更紗の中間の柄柄が小豆更紗(あづきさらさ)が珍重とされていた(鹿の子とは鱗一枚に色がある)

四国日本オランダ

  • 四国高松地方で盛んに飼育されていた品種になります
  • 当歳時に尾が平付け、うえが見たら尾が三角形で大きく見えるので派手さがある
  • 模様にも独特のものがあり、鹿の子模様や、尾に赤が残り六りん色が近いものマニアの中では高値で取引されている
  • 現在はこちらが人気がある

ジャンボオランダ

熊本の長洲地方に渡った日本オランダはジャンボオランダで古い時代に日本オランダと和金を交雑したものだといわれています

まとめ

日本オランダは現在も非常に人気がある金魚です

最近の日本オランダの特徴はより複雑化しているようです

 

参考文献

カラーブックス  金魚    松井佳一氏     株式会社保育社

(※このホームページに書かれている写真・動画や文章は金魚大完の管理人の許可なく無断での転用・転載・複写その他使用について一切を禁じます)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。