関東東錦とは

関東東錦の子ども

人気の高級金魚である東錦はペットショップでよく見ることができます

人気の品種であるために改良されて長手タイプ(胴の長いタイプ)もいれば丸手タイプ(胴の短いタイプ)がいます

東錦の魅力を探ってみましょう

東錦は種類は

昭和の初期に横浜の加藤金蔵氏がオランダ獅子頭と三色出目金(サンショクデメキン)を交配して生まれた日本産の金魚になります

三色出目金の特徴から黒い斑点が特徴で、色彩には色々な変化があり好みのタイプを見つける魅力もあります

現在では東錦は沢山の系統が作られ、好みの魚を選ぶ楽しみがあります

弥富産東錦

ペットショップなどでよく販売されている品種でキャリコ色に丸手タイプです。非常に飼いやすく初心者の方にもおすすめの品種になります

大事に飼っていると大きくなる個体もありますので成長を楽しみに飼うこともできますよ

価格(300円~3,000円)

一般的な東錦

本東錦・関東東錦

ペットショップなどで見ることはほとんどできない品種です

熱心な愛好家の方が飼われていて、背中の浅葱色と繊細な魚体が魅力的な魚です

関東東錦(上からの画像)

関東東錦の親魚

鈴木東錦(鈴木養魚場産)

関東東錦と浜錦を交配した品種で、肉瘤がよく発達して、関東東錦の血筋から体は長手タイプの品種になります

関連記事

  1. 初心者の飼育

    金魚を飼おう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。