【土佐錦専用の餌を徹底解説】土佐姫の成分?どじょう研究所とは?

土佐姫



どこでも購入ができる餌ではありませんが、非常にいい餌が土佐姫です

土佐姫はどじょう養殖研究所という高知県の企業が製造販売している土佐金の餌ですが、琉金、ジキン、大阪らんちゅう、浜錦、津軽錦など飼育が難しく、コブがなく腹がまるい金魚には特に実績があります

正直、高価な餌ですが、価格以上に餌の品質は高いです

どじょう養殖研究所ってなに

もともと気難しい、どじょうの養殖からはじまった企業でこの名前がついているようです

絶滅危惧種トキの餌として、大量のどうじょうを確保するために養殖を始められた

狭いスペースでどじょうを飼育する場合に水の汚染が一番大きな問題になり、水を汚さない餌の開発が急務だったそうです

また、よく食べる餌の開発も目指したようです

そういったむずかしいドジョウの養殖で研究されたノウハウが蓄積されていき、土佐姫にはそのエッセンスを受け継いで作られています

又、土佐錦のトップブリーダーの意見を聞きながら作り出した、ユーザー目線で作られた餌であることも魅力の一つです

土佐姫の成分と特徴

土佐姫

土佐姫は金魚の餌で通常使われている、小麦粉が一切つかわれていません

小麦粉は飼育水を汚すというマイナス面があります

金魚の飼育においては小麦粉がないと腹だし効果が薄れますが、健康的に金魚を飼育する場合にはこれほどいい餌はありません

あまりほかの金魚の餌につかわれていない材料として海藻があります

海藻の効果としては金魚の体を覆っている粘膜を厚くすることで魚体を守る効果があります

イカミール、タウリンなどは金魚を長く健康に育てることができます

特にこのエサを使うと金魚が争うように餌を求める姿をみることができます

餌にはアミノさんを多く含んでいるためです

ドジョウの餌に使われていた嗜好性が生かされているようです

ほかの金魚の餌には見られない、金魚が正常に成長をしていくためのホルモン成分までに気を配り、EAP,DHAなどの高度不飽和脂肪酸なども配合されています

土佐姫の使用上の注意点は

低水温の時は18度以下の時は管理人の場合はもっと低脂肪、低たんぱくの餌でかつ良質の小麦胚芽が使われている餌が望ましいです

又、小麦粉が配合されていないために腹だし効果が少ないです

腹だしを考える場合は小麦が配合されている餌を補助的に使うことが必要です

まとめ

安価な金魚の餌から高価な土佐姫まで現在では選択の幅が広がっています

土佐姫には他の餌では満足することができない金魚愛好家の方に大きな支持を受けています

管理人も現在、なくてはならない餌の一つであることは間違いありません

 

(※このホームページに書かれている写真や文章は日本の美高級金魚の飼い方楽しみ方の管理人の許可なく無断での転用・転載・複写その他使用について一切を禁じます)

土佐姫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です