オランダ獅子頭のおすすめの餌についてまとめてみました

オランダ獅子頭のおすすめの餌についてまとめてみました



オランダ獅子頭は非常に人気がある金魚になります

肉瘤を発達させ、色あげ効果を狙うにはどのような餌がおすすめでしょうか

是非、オランダ獅子頭に合う餌をセレクトして与えていただくことで、魅力的な魚を作り上げることができます

オランダ獅子頭を大きく育てる専用の餌

オランダ獅子頭の餌の特徴としてはコブが出る餌として高タンパク、高脂肪の餌が求められます

基本的にはスタイルは泳がせながら餌を食べさすことで、大きく立派な魚体を作ることができます

バランスのとれた餌としてオランダシシガシラ専用の餌として販売されているオランダゴールドです

オランダゴールドはの原材料はフィッシュミール、小麦粉、オキアミミール、大豆ミール、ビール酵母、海藻粉末、スピルリナ、魚油、米ぬか、アミノ酸(メチオニン)、ガーリック、カロチノイド、ビタミン類(塩化コリン,E,C,イノシトール,B5,B2,A,B1,B6,B3,葉酸,D3,ビオチン,B12)、ミネラル類(P,食塩,Fe,Mg,Zn,Mn,Cu,I)、食用色素(赤3,黄4,青2)と色揚げ効果のある材料がしっかりと使われています

タンパク質45%以上
脂質6.0%以上
粗繊維5.0%以下
水分10%以下
灰分14%以下
りん1.2%以上
       

嗜好性が高く、色揚げ効果、肉瘤の発達には問題なく使うことができますので、これだけでも十分に育てることはできます

なお、こちらの餌は浮上性のタイプで大きさが2.5m~2.8mmと比較的に小さめの餌ですので消化にもいいようです

オランダ獅子頭のおすすめの沈下性の餌

沈下性の餌の場合は高タンパク高脂肪の餌で大きく育つ餌、らんちゅうベビーゴールドがいいと思います

高タンパク、高脂肪で非常に栄養価の高い餌になります

原材料がフィッシュミール、小麦粉、大豆ミール、オキアミミール、魚油、ビール酵母、スピルリナ、海藻粉末、米ぬか、アミノ酸(メチオニン)、カロチノイド、ガーリック、納豆菌・乳酸菌・酵母菌発酵抽出物、ビタミン類(塩化コリン,E,C,イノシトール,B5,B2,A,B1,B6,B3,葉酸,D3,ビオチン,B12)、ミネラル類(P,食塩,Fe,Mg,Zn,Mn,Cu,I)と色揚げ効果とタンパク質がおおい餌になります。又、消化を助けるために納豆菌、乳酸菌、酵母菌なども配合されています

タンパク質46%以上
脂質6.0%以上
粗繊維5.0%以下
水分10%以下
灰分15%以下
りん1.2%以上
               

青水飼育によってのコブの発達

オランダ獅子頭は更水の飼育より、薄い青水で飼育することでコブは出やすくなります

青水の中にはカロチノイドと呼ばれている赤色色素の物質以外にも、植物性の餌としての青水はコブの成長にはかかせないようです

又、コケをついばむ動作は顔が発達させます

ただ、コブの大きさはコブは系統によって違いはあります

オランダ獅子頭の肉瘤を大きくする餌(赤虫・高タンパク質を餌)

冷凍赤虫はおやつ代わりに与えることで、肉瘤を大きくすることができる必要不可欠な餌になります

アカムシは実はアミノ酸の塊で又脂肪もありますので、金魚の完全栄養食と言われていることもあります

赤虫が肉瘤にいいのは水分量が多いことで、金魚への吸収率がいいということがあります

       

オランダ獅子頭の赤色を出すための餌

15㎝以上の大型のものにおすすめの餌ですアスタキサンチンがたくさん含まれている。

タンパク質が多く割と低脂肪なので内臓脂肪が使くなく健康的にそだつことができます

       

オランダ獅子頭にとってベストな餌の量は

生餌であれば1日の餌の量は当歳は頭の大きさの量、親は頭の半分量がいいとされていました

人工餌の場合は生餌に比べて栄養価が高くなりますので、浮上性の餌であれば当歳魚であれば頭の大きさの2分の1の量です

沈下性の餌であれば当歳魚であれば1日餌の量として頭の大きさの3分の1の量になりますが、数回に分けて与えます

金魚は1回の餌の消化に人工餌の場合は3時間ぐらいかかりますけど、できれば4時間置きぐらいが望ましいと思います

金魚が消化してから、しばらく餌を探して泳ぐことが大切です

飼いこみについては別の記事で書かせていただきます

 

取材協力 板谷 広義 氏

オランダ獅子頭のおすすめの餌についてまとめてみました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です