大阪らんちゅうの大きさは!?大阪らんちゅうを大きく育てるコツは

絶滅前の大阪らんちゅう3



可愛らしい小型の金魚もいいですが、大型金魚は迫力があり見る人の気持ちを奪う力があります

大阪らんちゅうも当歳、2歳、親魚となる過程で大きくなってなっていきますが、普通に育てていると親魚(3歳)で12センチ〜15センチぐらいまでは成長します

飼い方しだいでもっと大きく育てることは可能です

ただ、少しコツはいるようです

是非、少しのコツを実践して迫力のある大阪らんちゅうを育ててみて下さい

大阪らんちゅうの大きさは

約15年前ぐらいに、大阪らんちゅう愛好会の故池山五郎会長のご自宅にお伺いさせていただいたことがあります

ガレージ一台分のスペースに池が複数置いてあり、隅の方に置いていた池に全身素赤の大型の大阪らんちゅうがゆうゆうと泳いでいました

本当にこれが金魚というような大きさで迫力満点でした。氏がおしゃられるには飼い方次第で30センチぐらいにはなるよと言われたことが驚きでした

大阪らんちゅうは約300年ぐらい愛されてきたらんちゅうですので時代別で飼い方も違えば大きさも違っているようです

江戸時代、明治期、大正期の大阪らんちゅうは大きさは

江戸時代の大阪らんちゅうはお殿様の娯楽の一つだったようです。

江戸時代はだいたい手のひらサイズであまり大きなものはいなかったようです

大きな池で飼育を始めてから大きい個体【1尺(30センチ)大魚(たいぎょ)とも呼ばれていた】ができるようになり、大きく育てる飼育方法が文献などからも確認することができるようになった

明治期、大正期に入ると大阪で浪花錦盛会(なにわきんせいかい)(確認されている最古の品評会が1862年)で盛んに品評会が行われています。大きさの記録は残っていないのでわかりませんが、大きく育てる方法はわかっていたのでやはり1尺の魚もできていたと思われます

関連記事:菊寿堂義信翁の大阪らんちゅう全盛期(天保年間~明治36年)

現在の絶滅前の大阪らんちゅうの大きさは親魚で約15センチ

かわいい純血大阪らんちゅう

池山氏の大阪らんちゅう

大阪らんちゅうは戦後絶滅したと言われていて、復元に取り組んでいた西川氏の魚を基調に池山氏が旧家から発見した野生化した大阪らんちゅうの原種を交配して復元したものです

上手く飼育できると20センチを超え30センチになる魚に成長します

関連記事:池山氏の大阪らんちゅう
関連記事:戦後、大阪らんちゅうの復元をめざした池山氏の40年間

大阪らんちゅうを大きく育てるコツは

大きくなる大阪らんちゅうの個体は

すべての大阪らんちゅうが大きくなるわけではなく、大きくなる素質がある魚を選ぶことも重要です

江戸時代の書物には鱗(うろこ)が大きい魚は大きくなりやすいと書かれています

さらに大きくなる魚の特徴として、長手タイプ(4頭身~5頭身)の金魚を選ぶことです

餌のこだわる

餌は使い切ったらタイミングで餌を変更したりしなかったりする場合が多いのではないのでしょうか。

でも、大きく金魚を育てたいと思われたら金魚の成長期に合わせて栄養価の高い餌を与え、それ以外は栄養価の低い餌に切り替えることおすすめします

(成長期の金魚に与えたい餌)

ヒカリ (Hikari) ランチュウベビーゴールド 小粒 300g

ヒカリランチュウベビーゴールドは栄養価が高く腸内環境を整えて消化吸収をサポートする効果があり、金魚の成長を促す餌としては非常にいい餌です。又、沈下性の餌であるために複数の飼育環境の中では餌の取り合いがあり金魚が食べる癖がつくことでより大きく育つ要素があることと、沈下性の餌は浮上性の餌に比べて比重が大きく、密度が詰まっているために栄養をとりやすい餌でもあります
沈下性の金魚の餌のメリットデメリットとおすすめ7選

おすすめの金魚の餌(浮上性・沈下性・冷凍)13選、高級品から色揚げまで目的別餌の選び方について

2019年1月10日

(低水温時に与えたい餌)

キョーリン キンギョのエサ 50g (浮上性)

水温が10℃以下になると脂肪、たんぱく質が豊富な餌は消化が悪くなります。もともと胃のない金魚は腸が胃の代わりをしていますので、消化の悪い餌は体調を悪くさせる可能性がありますので栄養価の低い餌を与えることをおすすめします

 

金魚の成長期
当歳までが特に成長が著しいです

2歳魚 当歳に続き成長が見込めます

3歳(親魚)成長はしますが、成長がゆるやかになります

[clink url=”https://estateblog.net/?p=582″] [clink url=”https://estateblog.net/?p=597″] [clink url=”https://estateblog.net/?p=599″]

水温

室外と室内であれば、外で飼育したほうが大きくなるように思いますが、外でも中でも平均水温が28度を維持できるスペースで飼育することが望ましいです

15度ぐらいから成長を始めます

成長を期待できる水温は28度を維持して30度を超えないようにします。30度超えると金魚に負担をかけてしまいます

金魚がもっとも過ごしやすい温度は20度~26度です

飼育スペース

大きいスペースがあればそれに越したことはありませんが、なかなかそれだけのスペースを確保するのは難しいものです。

60センチ水槽でも1匹で飼育することで18センチ~20センチぐらいには十分にできますのでご安心ください

その時は※更水(サラ水)飼育にかぎります

※更水:透明なまっさらの水

金魚を飼い込む

手間がかかってしまいますが、水替え、エサを頻繁に与えて世話をすればするほごど大きくなりやすいです

まとめ

いかがでしたでしょうか

大阪らんちゅうは歴史が古い魚ですので、大きく育てる方法も文献などで調べることができます

又、大きさだけではなく奥ゆかしさがある魚ですので是非飼育してみてください

 

 

(※このホームページに書かれている写真や文章は金魚大完高級金魚の飼い方楽しみ方の管理人の許可なく無断での転用・転載・複写その他使用について一切を禁じます)

絶滅前の大阪らんちゅう3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です