高級金魚を病気にさせないで健康的に長生きさせる方法



病気にさせないで飼育するには

  1. 環境
  2. 導入時のコンディション

が重要になります

健康的に飼育するには餌を与えすぎて金魚を駄目にする場合が多いです

健康的に飼育するには餌を与えすぎて金魚を駄目にする場合が多いです

毎日同じ餌の量を食べれる量が適量です

多い日、少ない日がある場合は金魚に無理をさせている状態になります

同じ量を1として8割程度のつまり腹八分程度を毎日与えることで健康的に飼育することができます

その魚が餌をどれくらい食べるのかを知るには、毎日水替えをして同じ環境の中で飼育することによって金魚食べる状態がわかります

実験的には3回、3日づつやればわかります

はじめは少しおおめにあげて、食べれる量を確認します

餌の量をすこしづつ減らして、食べれる量を測りましょう

ベテランになってくるとこういう水質でこういつ水温でこの入れ物の大きさで何センチの魚が何匹いるから1日の餌の分量はこれぐらいと経験的にわかります

初心者の場合は与える餌の量がわからずに与えすぎて殺してしまうことがあります

餌の袋によく書いている時間を確認して、それも目安になります

冷凍アカムシなどはどういう時間かわからないということは初心者には経験的にはわかりにくいですが、実験的に餌やりをすることでわかるようになります

金魚を健康的に長く飼育するためのポイントは太陽光もしくは人工的な太陽光に近い光が必要です

金魚を健康的に長く飼育するためのポイントは太陽光もしくは人工的な太陽光に近い光が必要です

なんで光が重要かというと飼育池や水槽に苔が生えます

それをサラダ代わりに金魚は食べます

苔がはえることによって水を浄化してくれますので、植物によって水中にある過剰な栄養分を吸収してくれます

光の作用は明るい方が魚が成長します

というのは暗闇の中で生きている魚ではそもそもないので、どれだけ弱くても光を欲します

光が当たらない暗闇で飼い続けると色がどんどん薄くなってきます

光にあたって、人間でいう日焼けによってメラニン色素の効果によって色が濃くなります

光に金魚があたることでボディも引き締まります

できれば太陽の光がほしいです

骨の生成に必要なビタミンDとかその他作用によって金魚が生き生きします

ただし、健康的に美しく飼う場合は直射日光は避けなければなりません

人間でも紫外線の影響が大きすぎて、皮膚の老化が起きるように金魚も同じように老化が進んでしまいます

自然界では池とか植物プランクトンで濁っていて、光を吸収してくれます

だから魚への直接のダメージは少なくなります

自宅で飼育する場合は半日光をする工夫がいいです

直射日光が仮にあたっている飼育をしても3歳~4歳までは美しく飼育することができます

導入時のコンディションの注意点とは

導入時のコンディションの注意点とは

最初から病気をもっていたり、長旅で弱っている場合もあります

コンディションを確かめて導入することがとても大事です

外国から仕入れた金魚などはそのような危険性が多いです

ピンポンパールなどはできれば日本、中国産がよく、東南アジアのものなどは導入時なくなることが多いです

トリートメントは必要があればやったほうがいいです

トリートメントのおすすめのやり方

自己責任において高温処理をしたほうがいい場合もあります

目的は金魚ヘルペス対策とか熱帯性の白点病その他細菌類に対して行います

必要はなければやる必要はないです

業者さんなどがやることが多いです

ヘルペスには高温処理が効果的で30℃~32℃を4日ぐらい続けます

抗菌剤はグリーンエフゴールドとか観賞魚用パラザンBなどを一緒にいれます

                       

高温処理が終わった後は寄生虫の駆除を行います

4日~5日トリクロロホンをいれます

               

えら病の対策にはハタフリンなどが対策や治療にもちいります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です