戦前の尾島は背はくし型で小判型顔は龍頭、しし頭で数名の方で生産され魚もいききしていたため当時から固定化されていたわけではなく、さまざまな魚がいたようだ。戦後は魚を受け継いだ愛好者が後期の尾島系の特徴であった背がまっすぐにでて緩やかに腰折れがはいり、尾を使いながら泳ぐ鱗の細かい龍頭を指標に残されていったものが現在の姿である
その影響で時代の流れは全国大会の影響もあると思われる。
全国大会ができてから大きい魚は立派であるため、大きくなる魚が上がってくるために、尾島系統もそれまでの3刀身の小判型(幅のある)ではなく、尾が大きくなるやや長めの魚を好むようになった

戦前の尾島は背はくし型で小判型顔は龍頭、しし頭で数名の方で生産され魚もいききしていたため当時から固定化されていたわけではなく、さまざまな魚がいたようだ。戦後は魚を受け継いだ愛好者が後期の尾島系の特徴であった背がまっすぐにでて緩やかに腰折れがはいり、尾を使いながら泳ぐ鱗の細かい龍頭を指標に残されていったものが現在の姿である
その影響で時代の流れは全国大会の影響もあると思われる。
全国大会ができてから大きい魚は立派であるため、大きくなる魚が上がってくるために、尾島系統もそれまでの3刀身の小判型(幅のある)ではなく、尾が大きくなるやや長めの魚を好むようになった

戦前と戦後の違いは買い込むことのできるらんちゅうに変わってきた
大きくできるらんちゅうになってきた

 

尾島系らんちゅう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です