金魚の快適な環境を提供するカルキ抜きした水替えとは



金魚の飼育においてカルキ抜きした水替えは長生きさせるのには大切なことです

そもそもカルキとはどのようなものなのでしょうか

水道水についての扱い方についてまとめてみました

カルキとは

水道水を飲むと美味しくないですね

よく、カルキ臭いとか表現されています

そもそもカルキとはどんなものでしょうか

カルキとは次亜塩素酸カルシウムで漂白と消毒の効果があり、これを個体化したものがプールの消毒剤になります

人間にとっては無害ですが、金魚にとっては有害になります

カルキはなぜ金魚害があるのか

水道水はで1リットル当たり0.1㎎以上残留塩素が入っています

夏場は雑菌の繁殖が多いのでそれ以上に塩素が入っている場合もあります

金魚飼育のベテランさんの中では水槽水をそのまま飼育水に使っている方もいらしゃるのは驚きです

「水道水を使えば魚が強くなる」

と教えてくれた方もいます

実は塩素の量も地域や季節によっても残留塩素の量は変わりますので、必ず塩素は抜いてから飼育水に使ってください

金魚が水道水で死ぬのは塩素中毒による窒息死になります

通常水中に含まれている酸素は金魚の鰓で血液中のヘモグロビンと酸素が結び付き呼吸ができますが、塩素が含まれている水道水ではヘモグロビンと塩素が結び付いてしまい呼吸できなくなり重大な障害が起きてしまいます

くれぐれもカルキ抜きは重要です

水道水のカルキ抜き

カルキが抜ける方法
  • バケツに汲み置き
  • 紫外線に当てる
  • ビタミンC・カテキンと化学変化
  • 炭を入れて吸着させる
  • 煮沸消毒
  • 浄水ろ過を行う

夜でも水槽水をバケツに汲み置きしても、カルキは蒸発します

又、太陽光の紫外線に6時間当てることでカルキが破壊されます

つまり曇っている日や日陰においてはカルキは破壊されませんので注意が必要です

レストランなどでレモン水をお冷として出すところもありますが何故だと思いますか

カルキを抜くためです

レモンに含まれているビタミンCが塩素と反応してカルキが抜ける化学変化です

ビタミンCが入っている飴(CCレモン)なども水で少し擦るだけでも化学変化を起こして塩素が抜けます

いろいろな方法で塩素は抜くことができます

水道水に含まれる物質とは

水道局では金魚が水の安全を守っています

といってもわかりにくいかもしれませんが、水道管の劣化により「水銀」「カドミウム」「シアン」などの試験などで水道水にふくまれる物質を逐一調査が行われていますが、連続して調査するために金魚を飼育しています

もし、金魚の様子で水の異変をいち早く察知します

水道水といえども少なからず重金属類が含まれています

実は水道水にはトリハロメタントリクロロエチレンなどカルキ消毒を行った結果に生成される消毒副産物も存在する可能性があります

これらは金魚のみならず人間にとっても悪影響を及ぼします

金魚飼育でおすすめのカルキ抜き

コスパに優れたカルキ抜き

ハイポール

バケツ1杯に2粒程度でカルキが抜けます

管理人もこれをつかっていますが、使っても使ってもほとんど減りません

コスパは最高です

ビタミンC

ビタミンCも 数粒でカルキが抜けますので、コスパがいいと思います

ビタミンCと塩素が化学変化を起こすことで塩素が抜けます

カルキ抜き+重金属の無害化

カルキ抜きと重金属の無害化をしてくれる水質調整剤になります

又、金魚の鰓や粘膜を保護する効果もありますので、費用はかかりますが最適の飼育水を作ることができます

まとめ

いかがでしたでしょうか

カルキが害はあると小学生の時から知ってはいましたが、なかなか理由まで知らないという方も多いのではないでしょうか

金魚に快適な環境の提案を金魚大完では特に力を入れています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

自営業|店舗のバックヤードで金魚飼育しています。金魚が好きな方との出会いを求めて、ブログを2018年10月から始めました。フェイスブックで金魚大完のグループも作りましたのでご参加お願いします