関東東錦(本アズマ)の飼育方法

直射日光に曝(さら)さず、薄暗くして青水にするとあさぎいろを出します

陽に当てると日焼けして後から黒くなるものもあり、下品となるために特に当才、二才は慎重に飼育するようにしてください

親になると段々と色は落ち着いて来るが、やはり、薄い青水で半日光で飼うことが望ましいです

関東東錦(本アズマ)の飼い方のポイント

⓵色を濃くし、尾の蛇の目をしっかり残すために、入れ物の色を濃い色にしましょう(例えば黒のプラ船等)

直射日光にさらさず、薄暗く飼いましょう

③当歳の飼い込みの時期を除き、あさぎいろを二才秋頃に出すため、青水で飼いましょう

親も薄い青水のほうがいいと言うのは日焼けを防ぐ目的であり、日焼けなど管理がしっかりしていれば、池に苔があるだけでもよく、綺麗な体色に保てると思います

色上げの餌は与えないこと

関東東錦(本アズマ)の独特な飼い方と独特な形状

日に当てない

昔、古老から関東東錦についてはお化けみたいな魚と言っていました

  • 飼い方は独特で日に当てない
  • 入れ物は黒く
  • 冷たい水

子魚の退色のピンクやブルーの肌が段々と禿(は)げ、早いものは当才の秋から薄いあさぎいろに変わります。

又、頭は赤体は青尾は黒、で信号機のような色とも言っていました。

例えとして、アメリカの国旗だとかいう方もいらっしゃいました

大和郡山の大野養魚場では天晴という、頭は白、で体は濃いあさぎいろの魚が生産されています

まとめ

いかがでしたでしょうか

関東東錦は独特な飼育方法ですね

飼育方法も独特ですが、他の金魚にはない魅力がある金魚ですね

参考文献

「實驗 金魚の愛玩と飼育法」 松井佳一 弘道閣 昭和11年

 

(※このホームページに書かれている写真や文章は日本の美高級金魚の飼い方楽しみ方の管理人の許可なく無断での転用・転載・複写その他使用について一切を禁じます)

関東東錦



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

自営業|店舗のバックヤードで金魚飼育しています。金魚が好きな方との出会いを求めて、ブログを2018年10月から始めました。フェイスブックで金魚大完のグループも作りましたのでご参加お願いします