大阪らんちゅうは目が赤?それとも充血?

金魚問答

大阪らんちゅうは目が赤い個体もいますが、どのような特徴をもっているのでしょうか

目が赤いのは遺伝

目が赤いのは遺伝によって目の赤い個体が生まれますが調色などはできません

大阪らんちゅうは目が赤いものを代々残し伝わってきています

又、目赤は大阪らんちゅうの鑑賞のポイントでもあります

大阪らんちゅうの頭道具(かしらどうぐ)とは

大阪らんちゅうは模様魚(もようぎょ)とも呼ばれていて、顔についても鑑賞のポイントのある魚になります

顔の模様については

口紅(くちべに)・・・くりびるに紅色がついているもの

目赤(めあか)

やっこ(頬っぺに紅色)・・・左右のほっぺに紅色がついているものを両やっこと呼びます

これら全てが揃ったものを頭道具(かしらどうぐ)といい珍重されます

目の充血した大阪らんちゅうは

目が赤い場合は基本的に大阪らんちゅうの特徴で病気ではありませんが、病気で充血していることも十分考えられますので、もし心配であれば愛好家、養魚所、ペットショップなどの専門家の意見を聞くことをおすすめします

 

 

(※このホームページに書かれている写真・動画や文章は日本の美高級金魚の飼い方楽しみ方の管理人の許可なく無断での転用・転載・複写その他使用について一切を禁じます)

金魚問答